研究所についてAbout us

ファミリービジネス研究所は、
ファミリービジネスに関する研究・経営者育成・情報共有を行っています。

地域に根差し、時代を超えて地域経済社会のサステナビリティーに貢献してきたファミリービジネスの特性と存在意義を
ケース・スタディを通して明らかにし、その企業と地域の反映を図ることを目指しています。

活動背景と目的Objective

日本には100年以上の社歴を有する企業が3万社以上存在するといわれ、
そのほとんどは、同族企業、いわゆるファミリービジネスです。

ファミリービジネスは、一般的な公開上場企業とは異なる経営形態・経営原理を持つと見られる一方、その多くが上場大企業に比べれば小さな企業規模にとどまるため、日本では永年「同族企業」あるいは「中小企業」という安易で偏った分類がされ、非公開ゆえの経営不透明性、小規模ゆえの弱小劣後経営形態、と言うネガティヴな捉え方で理解されがちでした。 この研究所は、会員のために、ファミリービジネス経営に特有の諸課題とその解決策、地域社会との連携の在り方などに関わる情報・ノウハウを共有する「場」を提供することを目的に、以下の活動を行っています。

  1. ファミリービジネス学会をはじめ、大学などの研究・教育機関との連携によるファミリービジネス経営研究とその経営に関わる人財の育成

  2. ファミリービジネス経営のケース・スタディ作成

  3. 中央・地域の公的機関、地域金融機関、他の社会活動機関等との協調による、地域ファミリービジネスを核とした地域振興活動の実践

  4. 会員間のコミュニケーションとネットワーキング

  5. 「経営塾」や地域セミナーなどを通じた情報共有の「場」作りとファミリービジネスに関する「知」の共有化

  6. ファミリービジネス経営に関する情報発信(会員向けニュースレターなど)

研究所概要About us

設立 2008年09月
改組 2013年09月
本部住所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-3-2
郵船ビルディング1F サーブコープオフィス内

過去の主な活動実績Record

  • ファミリービジネス経営者、ファミリービジネス研究家、経産省・観光庁関係者、アジアの有名ビジネススクールであるHKUST、AIMのディーンなどを講師・パネリストとして招聘。本部に於けるシンポジウムを継続的に開催。
  • 経産省地域経済産業Gとの共同調査、受託事業の実施(2009年~2011年)
  • ファミリービジネス研究所本部による「場」作りとして、「経営塾」を開催(2012年〜)
  • 「プラチナ構想ネットワーク」、「地域の魅力研究所」、「香川大学大学院地域マネジメント研究科(ビジネススクール)」と連携した地域振興活動(ヴィジョン・人財育成・リーダーシップ啓蒙等)を大分、会津、高松にて展開

研究所定款Articles of Incorporation

ファミリービジネス研究所の定款です。ご一読下さい

PDFが開きます

このページのトップへ